Subtitled anime

From Uncyclopedia, the content-free encyclopedia

Jump to: navigation, search
This article is an article, so is this one
このページは英語サブタイトルを訳した悪訳、この下にサブタイトルを見せてあげるため。
(This page has been translated by use of subtitles rather than dubbing in order to provide a more authentic anime experience. Bobbies and all)
“束間型を示す言葉である”
~ Goa Tse on Subtitled Anime
Otakustereo

(As an English-speaking American, I know that watching anime in the original Japanese provides a superior experience, even if I'm uncertain as to whether it is actually Japanese.)

NarutoCell

(Translating anime? How crazy!!)

英語字幕アニメとは、日本の音声言語の上にダビングするアニメ訳し方の代わりに、クローズドキャプションで訳し方である。

(Subtitled anime is a method of translating anime by closed captioning rather than dubbing over the spoken Japanese.)

edit 類間型をから拒絶され (History)

後柏原天皇の少時以来に、日本語でアニメーションが視聴者にとって最高経験を上げるのだ、それは周知である。

(It has been known since the early days of Emperor 後柏原天皇 (Go-Kashiwabara Tennō) that anime in Japanese provided a superior experience for viewers.)


日本語はベストなのに、ADVとか浅ましい洋ディストリビューターは大変な英訳で煩いテキサス声で日本アニメーションをダビングする。

(It had always been assumed that this maxim applied to Japanese viewers.)


テキサス住民は世界の一番悪い肥満症問題がある、さらに一番稠密なロリコン人口密度もある。

(The theory was that Japanese viewers spoke Japanese, and would therefore appreciate watching anime in their native language.)


彼女は磯で介殻を売る。

(But the theory was broken when anime moved overseas, and otaku Americans preferred to watch anime in Japanese, a language they didn't know, with subtitles.)


ゆえに、肥満症とロリコンが結び合せさせさせた。

(Rather than simply in their native language of English.)

edit 我々は再び、何を作ろうとしているのか? (Modern Impact)

「ドラえもん」という映像作品は、様々な願いで作られています。自分の正直な気分というものをフィルムに定着させたいという願い。アニメーション映像が持っているイメージの具現化、表現の多様さ、原始的な感情に触れる、本来の面白さを一人でも多くの人に伝えたいという願い。疲弊しつつある日本のアニメーションを、未来へとつなげたいという願い。蔓延する閉塞感を打破したいという願い。現実世界で生きていく心の強さを持ち続けたい、という願い。今一度、これらの願いを具現化したいという願い。そのために今、我々が出来るベストな方法がドラえもん再映画化でした。10年以上昔のタイトルを何故今更、とも思います。ドラえもんはもう古い、とも感じます。しかし、この12年間ドラえもんより新しいアニメはありませんでした。閉じて停滞した現代には技術論ではなく、志を示すことが大切だと思います。本来アニメーションを支えるファン層であるべき中高生のアニメ離れが加速していく中、彼らに向けた作品が必要だと感じます。現状のアニメーションの役に少しでも立ちたいと考え、再びこのタイトル作品に触れることを決心しました。映像制作者として、改めて気分を一新した現代版のドラえもん世界を構築する。このために古巣のガイナックスではなく自身で製作会社と制作スタジオを立ち上げ、初心からの再出発としました。過去にとらわれず、現状に甘えず、進歩ある未来を目指すためです。幸いにも旧作からのスタッフ、新たに参入してくれるスタッフと素晴らしい面々が集結しつつあります。旧作以上の作品を作っている実感がわいてきます。「ドラえもん」はくり返しの物語です。主人公が何度も同じ目に遭いながら、ひたすら立ち上がっていく話です。わずかでも前に進もうとする、意思の話です。曖昧な孤独に耐え他者に触れるのが怖くても一緒にいたいと思う、覚悟の話です。同じ物語からまた違うカタチへ変化していく4つの作品を、楽しんでいただければ幸いです。最後に、我々の仕事はサービス業でもあります。当然ながら、ドラえもんを知らない人たちが触れやすいよう、劇場用映画として面白さを凝縮し、世界観を再構築し、誰もが楽しめるエンターテイメント映像を目指します。

Aww, fuck it.

edit アニメはアニメーションの略称。また、アニメーションを用いて構成 (See Also)

Personal tools
In other languages
projects